新しい給水ノズルに違和感があるのか?上手く水が飲めていない気がする。慣れていない物がどうも苦手なチワマルひまり。




中の入っているスプリングを取ったら今まで通り水を飲む事ができました。


このサイトに来ていただいた方々、本当にありがとうございます。いつも励みになっております。

 

こんにちは!さわゴマです!

先日のひまりです。(チワマル♀2歳3ヶ月)※チワワ+マルチーズ

 

ひまりが来た時からずっと使用していた水飲み用のノズル。

上にペットボトルを取り付けて、先に付いている金属の球を舐める事で水を飲むことができるという、ひまりにとっては常用品

 

水を入れ替える時は中を分解して一応簡単ではありますが軽く掃除をします。

分解するとこんな感じです。しかし…

 

  
中には水漏れ防止用のゴムパッキンが入っていますが、このように破けてくるようになりました(;´・ω・)

 

このゴムパッキンって別売りであるのかなあ?ペットショップに行っても見当たらない。

まあ長く使用してきたから新しいのを買おうかと思って購入しました。

 

スポンサーリンク

新しい給水ノズル。どうも使いこなせていないひまり。

  
今度は黄緑系(^^)/ 今回購入した物は前の給水ノズルと違うところですが、中にゴムパッキンが無いので管理しやすいところ。

 

まあ、とりあえずペットボトルを取り付けて今まであった場所に設置したわけでありますが…

 

ひまり
…??

 

何かひまりが飲みにくそう??大して今までと差は無いと思ったんだけど…(;´・ω・)

 

先に付いている金属の球を舐めます。「ブクッ…ブクッ…」っとペットボトルの中に空気が入っているから水は出ていると思うんですが…

水の出が悪いような気も…??
その後、しばらく様子を見ていましたが、今度はひまりは給水ノズルの先を噛み始めました(;’∀’)

 

ひまり
思うように水が飲めねぇな!(# >Д<)

 

何故だ??

 

中に入っているスプリングを外してみました。

使用する前は簡単に水掃除をしただけだったので、今度は分解してみました。

これは前の給水ノズルには無かったスプリングが付いております。

 

このスプリングはおそらく犬が金属の球を舐めて、その金属の球を元の位置に素早く戻し、水を垂らさない様にするためだと思われますが…まさかコレが原因?

 

とりあえず、スプリングを外してみると…

 

ひまり
ゴクッ…ゴクッ…

 

おお( ゚Д゚) 美味しそうに飲み始めた( ゚Д゚)

 

おそらくひまりは金属の球を舌で押して舐める事ができないかもしれません(;’∀’) 今までスプリングが付いていない物を使用していたからなあ。

 

ひまり
ったく!早く気づけよ…
さわゴマ
また何か言いたそうだな…てめっ

 

スポンサーリンク

散歩用の給水ノズルもスプリングを外してみた。

実は大分前に購入した散歩用の給水ノズル。
  
確かこれ¥1500以上もしたのに、ひまりは全然使ってくれません( ノД`)

 

でも、せっかく購入したのにしまっておくのも勿体ないので…


散歩中はこのように散歩用の給水ノズルの蓋を開けて、給水用の入れ物に水を入れて飲ませていました。

 

  
そう言えばこれもスプリングが入っていたなあ…もしかしたらこのスプリングを取ったら水を飲むかもしれない。

 

ちょっと試しにスプリングを外して飲ませてみると…
  
おお!飲んだ!( ゚Д゚) 水の出もよさそうだ!

 

ひまりは、水を一杯出して飲みたい事がここでようやく分かってきました(;’∀’) 気づくのが遅すぎたかなあ(;’∀’)

 

しかしスプリングを取ると一つ問題が…。


このように水が出過ぎてしまうので、垂れてしまい床が濡れてしまう事もあると思います。

 

これが嫌な方はスプリングを外さない方がいいですね。

 

自分はしばらくスプリングを外して使用していこうと思います。スプリングがあるとひまりが嫌そうなので(;’∀’)


今までと少しでも違う物を使用するときは注意が必要なのかもしれません。日常で使用する物は特に。

 

人も同じことが言えるかもしれませんが、慣れていない物は犬も苦手ですね。

ひまり
今不器用って言ったやつは誰だ!?
さわゴマ
…誰も言ってねぇ…

 

以上、何とか新しい給水ノズルを使用してくれたチワマルひまりでした!

 

皆様のポチが励みになっております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へにほんブログ村 犬ブログ チワマルへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

長野県在住の既婚40代男性。東京の夜景の前でぼーっとすることが大好きでそれが見たいだけで往復10時間かけて行くこともあります。 しかし小心者が治らずしかも心配性の性格。飼っているワンコに毎日四苦八苦しています。