若い頃は否定的だったディズニーランド。しかし一度行っただけで再び行きたくなるのはちゃんと理由がある。




このサイトに来ていただいた方々、本当にありがとうございます。いつも励みになっております。

 

こんにちは!さわゴマです!

 

ディズニーリゾート。そう…あの「夢の国」として有名な地。CMでも見ることがありますし、知らない人がいないのではないでしょうか?

 

そのくらい有名だと思っております。

 

今は学生などが修学旅行の行き先の一つとしてディズニーランドがあるほどになりました。

自分の学生時代はそのような計画は無かったのですが、家族で行く計画はありました。しかし自分は特に行きたいと思うわけでもなく、その時は自宅警備員(;’∀’)

 

一人で留守番ですね。それはそれで快適だったのですが…。

 

そんな自分ですが、今は大好きになりました。最近は足を運んでいないので、歳を取ってしまった今でも、たまには行ってみたくなりますね。

ディズニーランドが否定的だった自分がなぜ好きになったのか?

ちょっとした勘違いだっただけなので、自分と同じ境遇の方がいたら参考にしてみると良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

若い頃、ディズニーランドが否定的だった理由とは?

 

この前、彼女が急にディズニーランドに行きたいって言うから、無計画のまま行ったよ。日帰りで超疲れた~。
スペースマウンテンは一度は乗っておけ。暗いからいい雰囲気だし。
え?ディズニーランドに行った事が無いの?ええ?ホントに??

 

行った事が無かった自分。たまにこのような会話になる事もあります。

なぜ否定的だったかと言うと、ディズニーランドは若いカップルが行く所だと思っていたからです。

何て言うの?そういう型にハマった場所に行くのがどうも苦手でして…

 

もちろん中には夫婦や家族連れもいるでしょうが、若いカップルが多数を占めていると思いました。

あと人気がある事は知っていたので、パーク入場者も多いだろうし、人が多いところはあまり行く気になれない。

 

要は自分にとって場違い。

 

そういう風に決めつけていました。

 

ある時、ディズニーランドに行こうと誘われるが断れなく、嫌々行く事になりました。


今の妻のゆっさんです。

お付き合いをして、すぐにこう言いました。

 

ゆっさん
ディズニーランドに行きたい。

 

まだ付き合って間もない時期。ゆっさんがディズニー好きとは知らなかった(;’∀’)

断ればそれはそれで喧嘩になりそうだし…(;´・ω・)

いいよ…とは言いましたが心の中はため息ばかり。

 

カップルとして行くのだからいいじゃん。

 

そう思えばいいかもしれませんが、先ほども言ったように「カップルが行くような場所」という型にハマった場所に行くのがどうも苦手。

 

ゆっさんは何度か行ったことがある様子でした。自分は行った事が無かったので、その旨を正直に伝えました。

何もエスコートはできないよ…っと(;’∀’)

 

ゆっさん
じゃあ、私が教えてあげるよ。何か知っている乗り物ある?
さわゴマ
ス、スペースマウンテン…

 

誰かとの会話で覚えた単語…「スペースマウンテン」(;’∀’)

 

ゆっさん
じゃあそれ乗ろう!

 

ああ、それより首都高運転できるかなあ…それも不安だし(-_-;)

 

スポンサーリンク

ディズニーランドに到着。パーク内の演出に目を奪われるのだが…。

ゆっさん
すごい大きなツリー!

 

当時はクリスマスシーズン。パークに入るとまず大きなクリスマスツリーがあります。

 

で、でかい( ゚д゚)ポカーン

 

ゆっさんはさっそく笑顔!ワクワクしている様子が伺えます。

あと、確かに人が多い。すごい人…

歩きづらいから、とりあえず端に行こう。

端に行ってもすごい人だけど(;’∀’)

 

あれ、でも…?よく見たら、若いカップルだけではなく、家族連れや友達と一緒などが全く遜色なく多く、カップルだけではない色んな人たちとディズニーランドに来ている??

 

パーク内に入ってまだ間もないですが、自分が思っていた事がまず覆されました。

ディズニーランドに対し偏見しかなかった自分…現場に行ってみないと分からないという意味はこの事。

とりあえず、ランド内は何にも分かっていないので(今は妻の)ゆっさんとパーク内を歩いてみる事にします。

 

歩いて見ると分かる…そこには明らかに日常と違う感覚がありました。

 

スポンサーリンク

 

ディズニーランドが好きになった理由とは?

キャストさんの笑顔が人々を笑顔にしている。

パーク内を歩いている時、たまたま待ち時間が少なかったジャングルクルーズに乗ります。

そこのキャストのお兄さん。

マイクで喋りながらジャングルを案内しますが、これが面白い(^^) クルーズに乗った人たちを笑わせてくれます。

また、パーク内を歩いている時にトイレに行きたくなり、場所が分からないので近くのキャストさんに聞いたら嫌な顔一つもしないで丁寧に笑顔で教えてくれました。

 

このキャストさん達の笑顔が人々を笑顔にしている…

 

そんな気がします。

でも自分はまだディズニーランドに慣れない身。まだそれほど笑顔になっていなかったかもしれません。

 

他人の笑顔が他人を笑顔にする。

ゆっさんが写真を撮りたいという事で、何かしらのモニュメントの近くに行って写真を撮っていました。

自分はちょっと離れた所にいて、ゆっさんを待つことに。

その時、

 

すいません。写真を撮ってくれますか?

 

若い女性2人でディズニーランドに来ていた様子。

「いいですよ」と言い、写真を撮ってあげると、

 

ありがとうございました(*’▽’)

 

その言葉を聞くと、なんだか嬉しくなってしまった自分。

 

ゆっさん
何ニヤニヤしてんのよ!?若い女性に声をかけられて!
さわゴマ
違う!写真を撮ってあげただけだよ!

 

ここで再び笑顔になる。日常ではこんな事は無かったです。

少しずつ自然と笑顔になっていた自分。

 

老夫婦が手を繋いで歩いている光景を目にする。


おじいさんの右手は杖があり、左手でおばあさんと手を繋いでパーク内を歩いているこの光景。

初めて見ました。

老夫婦が手を繋いで歩く姿を見て将来このようになりたいと思ってしまいました。

老夫婦もゆっくりですが、お互い支え合って笑顔で歩いています。

それを見て笑みがこぼれる自分。不思議な感覚です。


行く前は変な概念ばかり。ディズニーランドは否定的でした。

しかし一度足を運んでみると、否定的な概念を覆されるだけではなく、他の良い部分がある事に気づかされます。これは一度でもディズニーランドに行かないと分かりません。

 

夢の国とは、色んな演出に目を奪われるだけではなく、何故か誰もが自然と笑顔になっている…そんな場所かもしれませんね。

 

今は男女問わず一人でも行く人がいます。全然変な気がしません。楽しみ方は人それぞれです。それがディズニーリゾートなのでしょう。

行く前の自分の様にディズニーランドが否定的な方、是非一度は行くことをおすすめします。

以上、さわゴマでした!

 

皆様のポチが励みになっております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

長野県在住の既婚40代男性。東京の夜景の前でぼーっとすることが大好きでそれが見たいだけで往復10時間かけて行くこともあります。 しかし小心者が治らずしかも心配性の性格。飼っているワンコに毎日四苦八苦しています。