投資を初めて一年経過。何となく気づいた4つの事。

スポンサーリンク

このサイトに来ていただいた方々、いつもありがとうございます。

こんにちは!さわゴマです!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

 

以前から資産運用に興味がありましたがようやく去年より株式投資を開始。無事に一年経過しました。

 

最初はたった¥10000で適当に安い株のデイトレードをしてみたり、少し慣れたところで¥200,000ほど投入。

 

その資金で3銘柄を購入後、再び資金集め。

 

じわじわと投資を進め、投資信託や積立NISAへと広げております。

 

一応自分なりに勉強しながら投資を進めておりましたが、失敗すると何故株価が下がるのか調べたり、自分はどの指標をメインに見ていこうか考えたり。

現在に至ります。

 

株式については、まだそれほど積極的に売買をしているわけでは無く長期保有がメインですが、資産を失わず何とか過ごしております。

 

一年ほど投資を続けてきましたが、一年前の未経験の時と大分考えが変わってきた気がします

 

スポンサーリンク

リスクの取り方は人それぞれ

 

どの株を買えば儲かるの?

 

投資をする人はみんな儲けたいから始めます。

 

そして投資をした事の無い人であって興味がある人からよく聞かれる言葉がこれですが全く答える事ができません。

 

おそらく一年以上前のさわゴマもひょっとしたらこのような質問をしていたかもしれませんね。

 

何故答えられないかと言うと、未来の事がさっぱり分からないし、憶測を言ったところ損をさせても変に怒りを買いたくはないからです。

 

そもそも、得も損もリスクの取り方で大きく変わりますし、聞いてきた相手がどのようなリスクを許容しているのか、実際に資産運用をしてみないと分からないと思います。

さわゴマは一年間色々とやってみましたが、デイトレードは圧倒的に向きません。

焦りも大きく、損をすると落ち込む性格だからです。

 

自分にとってどの程度リスクを許容できるのか、その点が投資をする上でとても重要だと気付きました。

 

分散投資を視野に

 

日本株の場合は好きな業種ばかりの株を購入すると何かしら偏ってしまい、暴落した場合に自分の性格上恐怖を感じると思うので、できるだけ業種をばらつかせました。

 

でも日本株だけ…と言う事にも不安があったので、海外の株はプロに任せようと思って投資信託へ。

 

いつか投資信託にも手を出そうと思っておりましたが実際やってみて思う事。

 

何もしなくていいので楽です。

 

さわゴマとしては株式投資が一番興味があり今まで続けておりましたが、投資信託をする事でちょっと安心感が増えますので、さわゴマには一点買いではなく何かしら分散させた方が気持ち的にも楽だと考えます。

 

一点買いをする人に出会った話

 

資産運用と言っても出会った人は仮想通貨のビットコイン一点買い。※今は暗号通貨と言う様です。

 

その額なんと300万円。

さわゴマには当然そんな金額も度胸もありません(;゚Д゚)

 

資産運用当初はどんどん値を上げ、約1000万円近くまで伸ばしたようですが、最近暴落。

今現在、その人は一応損はしていないようですが、とりあえず円に換え過ごしております。

 

リスクが大きければ大きいほど儲けはハンパありませんが、失う時は一瞬。

 

これこそ自分に合ったリスクの取り方をしなければなりませんね。

 

スポンサーリンク

使う指標は人それぞれ

 

損をしたく無い事からローリスクで資産運用中のさわゴマ。思い切ったことはできません。

 

でも何かしら買わないと資産運用になりませんので、まず目星を付けた株の買うタイミングを見計らいます。

 

投資家はどのような指標を利用しているのか調べてみると多種多様。ここは本当に面白いです。

 

テクニカル分析を中心に考えている人やファンダメンタルズ分析を中心にしている人。

 

デイトレーダーは〇分足のローソク足。スイングトレードをする人や中期トレードをする人は5,25日移動平均線などを参考。

 

さわゴマは業績の様な、どちらかと言うとファンダメンタルズ派ですが、移動平均線とか混ぜて見ております。

 

また信用残や決算日なども参考にしており、指標から読み取る考察は奥が深くて面白いです。こういう予想はさわゴマとリスク許容が似たような人と酒のつまみにでも会話したいもの。

 

いつも自分の思った通りに株価が動くわけではありませんが、勝率が上がると嬉しいものです。

 

まあ、いきなりぱっかーん…と下落する事もありますが、それも経験。

 

投資に対しての「慣れ」…良い意味と悪い意味

 

投資を一年間続けていくと投資に対し「慣れ」が出てきますが、資産運用するうえではこの「慣れ」は大切な事かと思います。

 

無駄な焦りが無くなってくるので冷静に売買を対処する事ができるからです。

一年前は焦り気味…(;’∀’)

 

ただそれと同時に投資をした当初よりも株に対する恐怖感が薄れてきている事も確か。

 

投資はギャンブルではありませんが人によってギャンブル化は可能です。

 

自分にとってのリスク許容。

 

徐々に上げていくのは構わないかもしれませんが、恐怖感が薄れてきている事で一気に上げる事も可能。

 

その点は度胸がありませんので大丈夫かと思いますが、ただ投資を始めた一年前とは気持ちが変わってきた事も事実なので、油断することに注意が必要だと考えます。

投資は一人で考えてやっている人がほとんどだと思いますが、ヤケになると止める人が周りにいつもいるわけではありませんし…。

 

投資に対する慣れ。

 

慣れは必要。でも慣れすぎてもリスクがありますね。

スポンサーリンク

 

今のところ銘柄によっては浮き沈みが多い投資ですが、長期保有のせいかどちらかと言うと特に下がる事は無く現在に至ります。

 

ただ、リーマンショックやコロナショックなどの大暴落を経験したことはありません。

 

いつか来ると言われている大暴落に備えられるよう準備は必要かと思いますが、とりあえず一年間ほど投資をしてみて何となく気づいたことを書かせていただきました。

 

ただ積立NISAはもっと早くに知っておけば良かったな~と今になって思っております。

 

これは20年間税金がかからないし少額からも可能。しかも国が認めた安全なファンドのみなので、実際にやってみた感じですが今のところ貯金よりもずっと良い感じがします。

 

ただ大暴落時を味わったことが無いのでその時がどうなるかにもよりますが、過去のチャートなどを見て投資先を参考にすればいいかなと思います。

 

まだ分からない事の方が多い投資。上手く資産運用できますように。

 

以上、さわゴマでした。

 


ブログランキングに参加しております。 皆様の応援がとても励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です