【セカンドオピニオンへの道2】問題が多い口の中。少しだけだった疑問が一気に膨れ上がる。




このサイトに来ていただいた方々、本当にありがとうございます。いつも励みになっております。

こんにちは!さわゴマです!

 

前回の続きになります。

 

先生の口から出た口腔外科への紹介。

 

口腔外科とはどういう所なのか?

簡単に調べてみると、親知らずなどを抜いたり、インプラントなどの義歯を埋め込んだり、虫歯などの歯の治療以外の鼻~下顎から上を治療する外科…

簡単にですが、そのような所だと思います。

 

スポンサーリンク

不信感が増すことに。

つまり先生は口腔外科で詳しく検査を受けて診断を受けろ…そういう意味で「紹介状を書く」と言ったのだろうか?

それとも自分ではもう治療できないと言っているのだろうか?

 

インプラントについて調べてみました。

すると何十万円もする。保険適用外。

でも歯周病で抜けてしまう歯にはインプラントを考えてみたりもしておりました。

 

歯周病で抜けてしまうのは時間の問題なら、さっさと抜いてしまってインプラントにでもしてもらおうかなあ。

 

歯茎の腫れについてもその口腔外科で診てもらえばいいのかな?歯医者の先生はまともに診てくれなかったから、不安でしょうがないし。

口腔癌じゃなきゃいいけど…初めての物を見ると良くない方向だけを考えてしまう自分。

自分はこの時点で既にこの行きつけの歯医者に不信感を持っていたのかもしれません。

 

 

今現在の考えている治療の順序について。


※根の治療をしている歯を上から見た図。グレーと水色部分は神経が通っていた穴です。

 

まず左上奥歯の6番の歯の根の治療をしていただきたいと思っています。

この部分は治療後ブリッジにする予定なので、早く治療をし、食事がとれる歯にしたいと思っておりました。

この部分を完治しないまま、右下の歯の歯周病の歯を抜いてしまうと、ご飯が食べられなくなると思っておりましたので。

でも本当はこの歯周病の歯の治療を急ぎたい。腫れがどうも気になってしまう…。

歯医者に電話をして口腔外科への紹介状を貰おう。そして他の先生に診てもらおう。

そう決めて電話をしてみました。

しかし…

 

スポンサーリンク

歯科医院に口腔外科への紹介状について電話をするが、まさかの展開に…。

この日は先生がいなく、代わりに事務員?が電話に出ました。ここで長時間話をすることになったのだが…

まず、この前に先生が話してくれた通り口腔外科への紹介状をいただきたい旨を説明。

そして、どうせ抜ける歯ならインプラントも視野に入れている旨を話しました。

しかし返された言葉は…

 

事務員?
歯周病で抜けそうな歯は何十年もかけて今の歯になりました。今すぐ抜けてしまうわけでは無いと思います。だから今すぐインプラントでなくてもブリッジでもいいかと思いますが。

 

もう腫れているんですけど?

 

事務員?
腫れる場合はそんなものではなく、もっと3倍も4倍も膨れ上がりますよ。
事務員?
4、5年後にダメだと分かったらその時にインプラントにすればいいかと。

 

でも腫れが気になるんですが…

 

事務員?
先生はその腫れは何なのか分かっていると思います。本当にヤバかったらもっと言います。

 

この歯周病の歯の治療をしたいのですが、まず左上の歯の根の治療を早く終わらせたいのです。なぜ一週間おきなのですか?

 

事務員?
そこもヤバかったら、二日後、三日後など早めに予約を入れるように促します。

 

つまり大した問題ではない治療と言いたいのだろうか?

しかしこのままでは根の治療は終わらないだろう。ということは歯周病の歯の治療に入れない。

 

事務員?
あの、歯周病の歯を抜いてたしても、一本くらい無くなってもご飯は食べられますよ?

 

…はあ…。
(実は自分は既に虫歯で歯を2本失っている。)

ここである一言が刺さる。

 

事務員?
さわゴマさんは気にし…焦らないでください。ひどい人はもっとひどいです。先生は分かっていますから。

 

この「気にし…」とはおそらく「気にしすぎ」という言葉に他ならない。

と言うか…この前は先生は紹介状を書いてくれるって言っていたのに?どうゆう事?

 


話しが終わり電話を切ります。

これだけ強く言われると、歯周病はまだ大丈夫…そう思うようになりましたが、数時間後、再び不安が押し寄せる…。

理由は今の話しが納得できていなかったから。

おそらく次の歯医者の予定日がここに来る最後の日になるだろう…

それを考えていました。

 

皆様のポチが励みになっております。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

長野県在住の既婚40代男性。東京の夜景の前でぼーっとすることが大好きでそれが見たいだけで往復10時間かけて行くこともあります。 しかし小心者が治らずしかも心配性の性格。飼っているワンコに毎日四苦八苦しています。