人の秘密を知ってしまうと意外にリスクを持つ事も。

スポンサーリンク

このサイトに来ていただいた方々、いつもありがとうございます。

こんにちは!さわゴマです!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

 

知り合いが検査入院。

 

特に命に関わるわけではありませんが、入院先へお見舞いに行くと腕から点滴をしております。

 

 

2,3日の検査入院。まあ食欲もあるし問題は無いだろう。

 

数日後、6,7人と会う機会があり、この入院した人の話になりました。

 

あいつ入院したって聞いたけど何か知ってる?

 

そこにいた人全員に問います。

 

さわゴマはお見舞いに行ったので知っておりましたが、特に話そうと思いませんでした。

 

何故かと言うと、検査入院をした知り合いはあまりこう言う事を誰かに話したがらず、どちらかと言うと「ほっといてくれ」的な人。

 

念のため誰かが問い詰めてきた時に話していいのかどうかも確認しておりましたが、原則言わずにバレたらバレたでいいや…との事。

 

まあ、軽く話していたので「絶対喋るな」と言うわけではありませんが、どちらかと言うと話したくない方向に気持ちがいる程度。

 

会話中、目を合わさずいるさわゴマ。

 

ああ~…お前何か聞いてるな?

 

即行バレました。

まあ、実際病名も知らないままだったので何の検査入院なのか分からなかった事は事実ですが、深入りもしたく無いので適当に流して話を終えました。

 

しかしこういう場には弱いさわゴマ。

 

何故バレてしまったのだろう?

 

スポンサーリンク

「絶対言わない」はどこかに綻びが…

 

会社にいた頃は毎日人同士が密接に関わり合う集団の中。

 

噂が蔓延する事も。

 

その噂が蔓延する事には、自分だけでは無く既に他の人も知っている事が多いのでそれほど神経を使って隠す必要がありません。

 

まあその噂が真実かどうかも分からないので、誰かに言いふらす事もありませんでしたが噂は噂で終えておくのが一番。

 

無理に詮索する必要も無い。

 

しかし自分だけ、あるいはほとんどの人が知らない秘密の話が耳に入ると厄介。

蔓延してしまうと疑われる可能性もあればその誤解から人間関係にヒビが入る事もあるかもしれません。

 

言ってはならない事を誰かに問われることも…

知りません…。しらを切ります。

 

ふ~ん…

 

何?…その怪しんだ目は(;’∀’)

言ってはいけないと思えば思うほど自分には見えない綻びが見えてくるのでしょうか?

 

いつもは違う仕草、態度、話し方、目線…。

よく話す人なら余計に違和感が見えてくるのかもしれません。

 

バレやすいからババ抜きとか負けるんだな…(;´・ω・)

 

ちなみにさわゴマは他人の隠し事には気づかない事が多い鈍感なようです…。

 

知らぬが仏が一番いい

 

今は情報が飛び交う世の中。知りたいことは調べればすぐに答えが見つかる事が多くなってきております。

 

ただ毎日会う会社の人など身近な人の秘密に対しては特に知る必要は無いと思っており、秘密を知った後につい口が滑って他言してしまった場合に人間関係の悪化を招く恐れがある事から「知らなくてもいい」よりも「知りたくない」に考えが変わりました。

 

昔の会社ではこのような事がありました。

 

あいつが喋った、あいつが言いふらした、あいつは口が軽い、あいつは人同士の人間関係を壊す…

 

秘密うんぬんと同時に、バレると「誰か」に矛先が向いてきます。

 

隠そうとすると外見に出てしまい、不意のバレても恨まれる…。

 

だったら最初から知らない方が楽だと考えます。

スポンサーリンク

 

若い頃は「内緒にしてほしい事」を誰かが話してくると嬉しいと思っておりました。

 

何故かと言うと口が堅いと信頼されている事や、みんなは知らない事を自分が知っていると天狗にもなりますし。

 

今は面倒には関わりたくないと思ってしまっているのか考えが反対になっており、特に「自分以外の秘密」を話してくると拒否反応が現れます。

 

秘密だと分かっていて誰かに話すのはどうかと…。

 

昔の会社の中で得た事ではありますが、またちょっと神経を使いすぎな気もしますが、隠し事は何かしら外見に出やすいさわゴマ。

 

そういう人は無理に誰かの秘密を知らない方が何かと楽な事が多い気がします。

 

以上、さわゴマでした。

 


ブログランキングに参加しております。 皆様の応援がとても励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です