「変」がマイナスイメージ?実はそこには成長する鍵が隠されている。

スポンサーリンク

このサイトに来ていただいた方々、いつもありがとうございます。

こんにちは!さわゴマです!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

 

私は普通だよ

 

誰もがこの言葉を聞いたことがあると思います。

 

あたなの考え方変わっているね。

こんな事できるの?すごいね。

 

人から言われても自分ではいたって「普通」。

だって今まで何事もなく生活してきましたし

 

また、学生の頃は学校や部活などの集団にいると、今の自分の考え方が「普通」になってきます。

その集団の中にいる少数派は反対に「変」な人に見られがち。

 

私は普通

あなたは変

 

何が普通で何が変なのだろう?

 

スポンサーリンク

「変」はマイナスイメージ?

 

変わってんな、お前

 

しかし自分では普通と思っているもの。しかも「変」と聞くとバカにされているイメージがあり、返す言葉が、

 

俺は普通であってお前の方が変だ

 

場合によっては怒り気味に話が応酬化。

 

2人では解決ができないので周りを巻き込んで、どちらが普通でどちらが変なのか競い合います。

集団の中では結果として多数派が「普通」、少数派が「変」になり、勝った負けたの感覚にさせられるという

 

しかし各自が思っている「普通」には意外に異なる点が多い気がします。

 

例えばアイスが一つ100円。高いと思う人もいれば、そうは思わない人もいます。

そのどちらが「変」なのか分かりませんが、生活環境もそれぞれ違うし100円と言う教育に対し育ち方も異なるので、一概に100円が普通なのかそうでは無いのか分かりません。

アイスに対する価値観から高いか安いか考える人もいるし、大好きなアイスだったら安いと思うのかもしれません。

 

ただ人と考え方の違いから相手に対し「この人は「変」だ」と思う部分があるのも事実。

 

自分の考え方が普通で相手が変。

このズレ

 

相手に「お前は変だから考え方を改めた方がいい」と言うのは自分によほど自信がある場合か、自分のことが何でも正しいと思っている人間だろう。

 

それよりも相手の「変」な部分と自分の「普通」とのズレを何かしら変化させた方がひょっとして自分をより寛大に成長させる事ができるのではないだろうか。

スポンサーリンク

「変」を吸収して「普通」を作り上げている

 

小学生の頃、クラス単位で集団を作り上げると何が普通(多数派)なのか分かってくるので、自分の変(少数派)を変えていこうとします。

 

小学校を卒業し中学へ。

 

今度は他の小学校の生徒も入学してくるので小学校の頃と違った集団が出来上がり、そこでも同じように「普通」と「変」が交錯し、少しずつ自分を変化。

そして高校などなど

 

集団を次々と変えていき少しずつ自分の「普通」が出来上がってきます。

 

ただ、さわゴマはこの時まで「変」のイメージが良くないと思っていたので、自分の「変」な部分を隠すかのように人と接します。

 

「普通」の方が周りと同じようになるので比較されずに済むからです。

 

ただ、その考え方に対し息苦しさを感じていたのも事実。楽しくないんですね。

 

コレが地元という狭いコミュニティで作られた自分の「普通」でした。

 

しかし県外の大学へ入学すると一変。

多種多様の人種というか、地元だけでは決して会えない人達が集まります。

おそらく皆は自分の事を「普通」と思っているのでしょう。しかし自分とは違う「変」な部分を持っている人達とも大勢接します。

 

さわゴマも色々と「変」を指摘されましたが、興味があったのだろうか地元と異なり誰もバカにするわけではありません。

 

そして相手の「変」を受け入れ、参考にし、今の自分の「普通」に吸収させ、新たな「普通」が出来上がっていくのだろう

その様に感じました。

 

スポンサーリンク

「変」には価値がある

 

他人と接すると自分の考え方とは異なる部分が見えてくる事があります。

 

この人の話は自分には合わない事や興味がない場合もありますが、自分では考え付かなかった気になるヒントも十分に隠されていることも多い。

 

でも人と接していない場合はそのヒントをなぜ気づくことができなかったのか?

ひょっとしたら自分が「普通」だと思っていることが当たり前で、このまま「普通で良い」と考えていたから視野が狭くなってしまったのでは?

 

「変」はマイナスイメージがあるから他人にバレない様に隠してしまいがちですが、この考え方は狭い集団の中で作り上げた自分の勝手な思い込みなのかもしれません。

 

今自分が思っている「変」は自分自身を変えるきっかけになるかもしれませんし、自分では当たり前のように普通だと思っている他人をもっと素晴らしい人にしてあげられるかもしれません。

 

人が思うマイナスイメージの「変」。

ひょっとして大きな価値がある気がします。


 

道無き道を行く人は「変」わり者。

 

確かに安全の様には見えませんし、ひょっとして自分が正しいと思っている人から「どうせ失敗する」と影で嘲笑われるかもしれません。

 

ただ、成功する人は道がない道を歩いている様な「変」な人すなわち少数派の人達の様に見えます。

そしてその「変」が今の自分自身の「普通」に吸収され、さらに成長した「普通」になっているのかもしれません。

 

「変」には「普通」とは違う大きな意味がある。

 

以上、さわゴマでした。


ブログランキングに参加しております。 皆様の応援がとても励みになっております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへにほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です